046-827-1238

土曜日・日曜日も診療しています。

アソアライナー

アソアライナー

マウスピース矯正【アソアライナー】

アソアライナーとはブラケットやワイヤーを使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。
このマウスピース型のアソアライナーは透明なので治療中も目立たず、食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。
理想的な歯並びになるように、少しずつ歯を移動させた状態のアソアライナーを製作し、そのアソアライナーを装着することで歯を矯正していきます。歯の移動量をコンピュータで測定しながら製作するので、正確かつ画期的な矯正装置といえます。

アソアライナーのメリット

☆目立たない
従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適な装置です。

☆取り外しができる
食事や歯磨きの時は、矯正装置を取り外すことができます。
従来のワイヤー矯正では困難だった歯磨きが不自由なく行えるため、
口腔内を清潔に保つことができます。

☆違和感が少ない
金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、「話しづらい」「口内炎がよくできる」等の不快症状がありません。

☆矯正費用が安い
他の矯正装置(ワイヤー矯正、舌側矯正、インビザライン等)と比較して、一般的に費用的な負担が少なく、経済的な矯正装置です。

☆痛みが少ない
厚みが違う2種類のアソアライナー(ソフト/ハード)をステップ毎に使用して、ご自身の咬む力で優しく歯を動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。 3種類(ソフト/ミディアム/ハード)を使用して、より痛みを少なくすることも可能です。ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがありません。

☆矯正中の虫歯治療が可能
アソアライナーは、毎回型取りをして製作するため、矯正治療中でも虫歯の治療が可能です。(インビザラインは困難)

治療の流れ

治療上の注意点

アソアライナーのデメリット

・適応症が限られている
 奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正や後戻りの治療、スペースの閉鎖などが主な適応症です。抜歯が必要な場合や上下顎の大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはアソアライナー(クリアアライナー)での治療は困難です。
・装着時間を守らないと歯は動かない
 マウスピースを装着しなければ歯は移動しません。
 マウスピース矯正は装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、簡単に装置が取り外せるため、患者様が責任を持って決められた時間装置を付けなければ治療は進みません。
・毎回歯型を取る必要がある
 アソアライナー(クリアアライナー)の作製のために毎回、歯型を取る必要があります(通常1ヶ月毎)。

アソアライナーの留意点

・アソアライナー(クリアアライナー)は装置を付けている時のみ矯正力がかかるため、患者様の全面的な協力が必要な治療法です。就寝時も含め1日17時間は装着してください。 1日17時間以上使用できない場合には歯が目的の位置まで移動しないため、治療期間が延長したり、良い治療結果が得られないことがあります。
・食事の時はアソアライナー(クリアアライナー)を取り外してください。
・ご自身での管理が治療期間や治療結果に影響する矯正装置ですので、ご理解のうえ装置を使っていただくことが大切です。

治療の料金

200,000円から400,000円(税別)
※症例により異なりますのでご相談ください。